O2O販促ラボ

O2O販促ラボは、主に店舗経営者様向けに販促や集客の最新事例、
O2Oやスマホ関連サービスに関するニュースなどを配信しています。
集客のための販促に力を入れる店舗経営者様を全力でサポートします。

カテゴリー:wifiを使った集客サービス

2019
12.17

折込チラシやポスティングの効果に満足?エリアマーケティングで集客する方法

折込チラシやポスティングの効果に満足?エリアマーケティングで集客する方法 こんにちは。O2O販促ラボ・大和田です。 折込チラシやポスティングは効果がなくなってきていると言われることもありますが、実際はどうでしょうか。デジタル販促に切り替えるべきか?これまでの販促を続けるべきか?は販促施策検討の課題の一つかもしれません。 今、知っておきたいエリアマーケティングの最適解と最新情報をお届けします。 折込チラシやポスティングは効果がないってホントですか? 2016年から2018年のデータをみると新聞購読世帯の減少に伴い新聞折込広告も減少傾向にあります。 ※1 データ引用: 新聞の発行部数と世帯数の推移 ※2 データ引用: 2018年 日本の広告費  一方で、インターネット広告費は1兆7,589億円と5年連続の2桁成長となり、地上波テレビ広告費1兆7,848億円に迫っています。 ※データ引用: 2018年 日本の広告費 これらのデータだけをみると、折込チラシやポスティングなどのアナログ販促は効果が落ちているのでインターネット広告に変更するべき!と考えてしまいがちですが、まずは実施している販促施策の費用対効果を確認してみることをおすすめします。 カインズホームでインターネット広告や折り込み広告の効果を測定する大規模調査が行われ、興味深い結果が出ています。 カインズで高級フライパンを販促する実証実験において「インターネットと折込チラシの両方の広告を実施」した店舗の売上げが「広告を実施しない店」の約3.5倍になり販促効果を確認できたといいます。 また、インターネット広告を使わずに「折り込みだけを実施」した店舗でも「広告を実施しない店」の約2.3倍の売上げになるという販促効果がでたのです。 これらの結果から、今の店舗販促を見直す際の2つのポイントが明らかに。 <ポイント> ⑴ 折込チラシの効果が頭打ちになっている店舗では、インターネット広告を併用することで売上げの上積みが期待できる ⑵ 折込チラシをインターネット広告に単純に置き換えるのは、それまで折り込みで得られていた実績を下回る可能性が高いので、折込チラシの効果が出ている店舗は続けたほうが良い 折込チラシで効果の出ているエリアではインターネット広告との併用で集客強化を、折込チラシの効果が低減しているエリアではインターネット広告の比重をあげて効果検証をしながら集客効果をあげていくのが最善策と言えます。 最新エリアマーケティングでお店の近くのお客様集客を強化する 効果が落ちつつある折込チラシやビラ配りを補完できるインターネット広告のなかでも、エリアマーケティングを強化できるものはどんなものがあるでしょうか。 国内スマートフォン保有割合は80%を超え、2014年にYahoo! JAPANの閲覧デバイスの過半数がスマートフォンとなりPCを上回ったように、私たちの生活は常にスマホとともにあると言っても過言ではありません。 そのためスマホの通信量は年々増加していき、「スマートフォンの通信利用に関する実態調査」によるとスマートフォン保有者の約40%が通信制限が起きる「ギガ死」を経験している状態に。 また約14人に1人がほぼ毎月「ギガ死」状態に陥っているといいます。 引用: スマートフォンの通信利用に関する実態調査(ソフトバンクニュースより)  そこで「ギガ死」を回避したいユーザーがこぞって利用しているのが無料Wi-Fiスポットに接続できるアプリ。 そのひとつに、全国35万箇所の無料Wi-Fiスポットに対応し月間利用者数が約300万人ともいわれるアプリ「タウンWiFi」があります。 引用: Google Play  「タウンWiFi」をダウンロードしたユーザーが無料Wi-Fiスポットのエリア内に入ると自動的にWi-Fi接続してそれをPush通知でお知らせしてくれる便利なアプリです。 この「タウンWiFi」アプリのPush通知でお店からの販促メッセージを送り、来店を促すO2O販促サービスがあるのをご存知でしょうか? 「まるっとサポート!O2O エリアプロモーション」は、ビラ配りやポスティングに近い感覚でお店の周辺にいるお客様を呼び込むことができる新しいインターネット広告です。 「タウンWiFi」ユーザーがお店の周り半径200m圏内に入ると、プッシュ通知でこのような店舗販促メッセージを送り来店促進を行います。 引用: TechCrunch メッセージを見た店舗の近くにいるアクティブな「タウンWiFi」ユーザーへの強力な集客ツールとして活用できるので、スマホユーザーの来店促進に活用してみるのもおすすめです。 「タウンWiFi」をつかったエリアプロモーションで集客アップする仕組みについて詳しく聞きたい! 「まるっとサポート!O2O エリアプロモーション」のお問い合わせはこちらから  https://forms.gmoc.jp/o2o-marketinglab-offer/ オフライン&オンライン販促のいいとこ取り!最強エリアマーケティングで集客しよう これまで有効活用していたオフライン販促の良いところは残しつつ、オンライン販促でさらに集客強化していく、メディアミックスで集客をデザインするのが最強の販促施策かもしれません。 今行っている販促をすべてデジタル販促に切り替えるなど思い切った施策に踏み切る前に、効果のある販促を取り入れながら、常にお客様を呼び込む状態を作ることが重要です。 O2O販促ラボでは、インターネット広告などのデジタル販促や新たなテクノロジーを導入するのは不安、どのように始めたらよいかわからないという方のご相談も受け付けています。 \デジタル販促の活用方法、店舗に合った販促ツールに関するお問い合わせ受付中/  【O2O販促ラボお問い合わせフォーム】  https://forms.gmoc.jp/o2o-marketinglab-offer/ この記事を読んだ人は、以下の記事も読んでいます ナノ・ユニバースが採用!無料で店舗集客を始められる、GMOチェックイン Google(グーグル)マイビジネスのお店情報を編集しないと集客できない?

portrait

  • マーケティング
  • 大和田

続きを読む

1