O2O販促ラボ

O2O販促ラボは、主に店舗経営者様向けに販促や集客の最新事例、
O2Oやスマホ関連サービスに関するニュースなどを配信しています。
集客のための販促に力を入れる店舗経営者様を全力でサポートします。

カテゴリー:はじめてのネットメディア集客

2018
02.14

@cosme(アットコスメ)アプリリニューアル!店舗・美容サロンの集客機能を追加

@cosme(アットコスメ)アプリリニューアル!店舗・美容サロンの集客機能を追加こんにちは。O2O販促ラボ・鈴木です。コスメ、化粧品の総合サイト@cosme(アットコスメ)が、アプリを全面リニューアル。@cosme(アットコスメ)から、店舗や美容サロンへのO2O販促がスタートするそうです。@cosme(アットコスメ)、化粧品販売・美容サロンの集客プラットフォームとしての機能を実装@cosme(アットコスメ)は、美容に関する全てのモノ/コト/ヒト/場所をつなげる「ビューティプラットフォーム」構想の実現を目指し、構想の第一弾として、2017年2月1日にアプリを全面リニューアルしたことを発表いたしました。今回のリニューアルにより、美容従事者などに悩みを直接相談できる「メッセージ機能」と、施術やカウンセリングの予約ができる「予約機能」が追加され、@cosme(アットコスメ)から美容サロンにユーザーをO2O集客できるように。更に、ドラッグストアや化粧品専門店、メーカー直営店など全国1万4000店舗と連携し、@cosme(アットコスメ)に掲載されている商品の購入可能店舗の検索や、位置情報やクーポンなど活用した集客サービスの実装も予定されているそうです。美容感度の高い450万人の会員を店舗や美容サロンに送客できるとあって、O2O販促効果に注目が集まります。@コスメユーザーからサロン予約を受付!美容事業者向けアプリ「@cosme PRO for Specialist」リリース@cosme(アットコスメ)からユーザーを店舗やサロンに送客するに当たり、ユーザーとのメッセージのやり取りや、予約管理などを行う美容従事社向けのアプリ、「@cosme PRO for Specialist」(アットコスメプロフォースペシャリスト)」も同時にリリースされました。※「@cosme PRO for Specialist」(アットコスメプロフォースペシャリスト)」を利用するには事前登録が必要引用:アイスタイル プレスリリースユーザーとのやり取りやサロン予約の他、施術・カウンセリングなどのメニュー登録や@cosme(アットコスメ)での情報発信がアプリ1つで完結できるそう。店舗の外でもユーザーとのやり取りや予約管理ができるので、個人経営の店舗やサロンで重宝されそうです。リニューアルされたアプリをお試し!気になる「メッセージ機能」を使ってみました!リニューアルされた@cosme(アットコスメ)アプリを立ち上げてみると、下の画像のようにコンテンツの表示形式がタイムライン形式に変更されていました。赤枠で囲った「メッセージ」ボタンより、美容従事者に直接相談ができる「メッセージ機能」が使えます。「メッセージ」ボタンを押すと、初回のみこちらの案内が表示されます。「メッセージガイドラインはこちら」の文言を押すと、質問の方法やこの機能の活用方法が紹介されているので、参考にしてみても◎「メッセージをはじめる」を押すと、ビューティースペシャリストの一覧が表示されます。サロンやビューティースペシャリストがメッセージを受け付けている場合、名前の下に「メッセージ受け付け中」と表示されます。気になるサロンやビューティースペシャリストのお名前をタップすると詳細ページに遷移するので赤枠の「メッセージを送る」を押し、確認ポップアップの、「OK」を押して進みます。メッセージのやり取りができる画面がこちら。どうやらやり取りは匿名でできるようですね。友人とのコミュニケーションもアプリのメッセージで完結することも多い昨今、サロンへの電話問い合わせはハードルが高い、と感じる方も多いかもしれません。こちらの機能を使えば、施術に関するお願いや、空き枠の相談はもちろん、些細な疑問や相談も気軽にできるようになり、サロンとユーザーの距離がぐっと縮まりそうです。アプリのリニューアルに続き、AI(人工知能)を活用したパーソナライズ・レコメンド機能の導入など新しい機能の追加を予定している@cosme(アットコスメ)の集客効果に今後も目が離せません。▼GMOコマースのアプリを使った集客について問い合わせる https://forms.gmoc.jp/o2o-marketinglab-offer/ この記事を読んだ人は、以下の記事も読んでいます 居酒屋集客から駅伝まで活用の場が増えるビーコンで出来るスマホ販促 コスト面に次ぐ店舗集客の2大問題!時間と人材不足でも集客成功できる?

portrait

  • マーケティング
  • 鈴木

続きを読む

1