O2O販促ラボ

O2O販促ラボは、主に店舗経営者様向けに販促や集客の最新事例、
O2Oやスマホ関連サービスに関するニュースなどを配信しています。
集客のための販促に力を入れる店舗経営者様を全力でサポートします。

カテゴリー:位置情報を使った集客サービス

2016
07.26

ポケモンGO(Pokémon GO)の店舗集客効果は?マクドナルドだけじゃない!?米国で始まった飲食店へのO2O販促効果にも期待!

ポケモンGO(Pokémon GO)の店舗集客効果は?マクドナルドだけじゃない!?米国で始まった飲食店へのO2O販促効果にも期待!こんにちは。O2O販促ラボ・鈴木です。日本でのアプリ公開はまだか、まだかと多くの人が待ちわびていたアプリ「ポケモンGO(Pokémon GO)」がようやく日本でも解禁!公開直後から街を歩くと、スマートフォン片手に街に潜むポケモンを探す人々が・・・!今回は話題のアプリ、ポケモンGOの人気で期待できる店舗のO2O販促情報についてお伝えいたします。待望のアプリ「ポケモンGO(Pokémon GO)」ついに日本でも公開開始!引用:Pokémon GO2016年7月22日にアメリカなどで既に公開され爆発的な人気を博しているポケモンGO(Pokémon GO)が日本でも公開され、大きな話題となっています。ポケモンGO(Pokémon GO)は、位置情報を利用したスマートフォンアプリ「Ingress(イングレス)」を手がけるナイアンティツク(Niantic, Inc.)と株式会社ポケモン、任天堂株式会社が手がけるスマートフォン向けゲームアプリ。スマートフォンのGPSを利用し、ユーザーの位置情報を元に現実世界を舞台にスマートフォンを通して現れるポケモンを捕まえ、ポケモン図鑑のコンプリートを目指すゲーム。日本より先にアプリ配信が始まっていたアメリカでは、配信後1週間でユーザー数が6500万人を越え、ゲームアプリの歴史を塗り替える程の人気振りを見せていました。マクドナルドがポケモンGO(Pokémon GO)でO2O集客!国内全店舗でアプリ連携スタート日本でのポケモンGO解禁に合わせ、マクドナルドではポケモンGO(Pokémon GO)との連携を発表しています。国内のマクドナルド全店がアプリとの連携対象となり、ポケモンGO(Pokémon GO)を進めていく中で重要なスポットを担うそうです。7月22日時点の情報によると、マクドナルドの店舗のうち400店は「ジム」と呼ばれるゲームの利用者同士が対戦できる拠点となり、残りの2500店が「ポケストップ」というゲーム内で使うアイテムを手に入れられる拠点となるそう。▼約400店舗に設定された「ジム」ではユーザー同士の対戦ができる引用:日本マクドナルド株式会社プレスリリース▼約2500店舗に設定された「ポケストップ」ではアプリを進める上で役に立つアイテムをゲットできる引用:日本マクドナルド株式会社プレスリリースアプリユーザーがマクドナルドに立ち寄るきっかけを作り出し、アプリから大量のゲームユーザーをマクドナルド各店へO2O販促することが連携の目的の一つ。実に多くのユーザーがマクドナルド各店で得られるゲーム特典をフックにマクドナルドへ足を運ぶことが予想されています。ポケモンゲットでお店へ集客!アメリカのクチコミサイト『Yelp』を活用した飲食店集客の日本導入に期待!先行して導入が始まったアメリカなどでは、既にポケモンGO(Pokémon GO)の人気の波に乗り、連携する企業や店舗が続出しているそうです。▼ポケモンGO(Pokémon GO)ユーザー向けのキャンペーンで集客する海外の店舗一例引用:Instagram地域の飲食店などのクチコミを掲載しているポータルサイト『Yelp』では、ポケモンGO(Pokémon GO)を使ってポケモンを捕まえることのできる飲食店のスポットを検索できるサービスを公開。▼アメリカの『Yelp』では<PokeStop Nearby>を選択するとポケストップがある飲食店を検索できる引用:Yelpユーザーのクチコミによって、ポケモンをゲットできるスポットの情報が続々と集まっており、日本のマクドナルドのようにポケモンゲットをフックにした、O2O販促へ期待が集まっています。日本の『Yelp』ではまだこの機能は公表されていないものの、ポケモンGO(Pokémon GO)を使った店舗へのO2O販促にも期待が持たれます。『Yelp』だけではなく、アメリカではポケモンGO(Pokémon GO)と連携してサービスを行う企業や、ゲームを進めるにあたり重要な役割を果たすスポットをユーザーの集客を行いたい店舗や場所に優先的に設置する「スポンサード・ロケーション」の導入も計画されているとのこと。今後ますます熱狂的ファンが増え、社会現象となりそうなポケモンGO(Pokémon GO)を賢く利用した店舗のO2O集客は加速することが予想されます。国内でも既にポケストップとして位置情報設定されている飲食店や商業施設も多いみたいですよ!あなたのお店がポケストップに設定されているか、一度チェックしてみては・・・?▼ポケストップに設定された飲食店一例海外の事例では、店舗がポケストップに設定されたことを利用して店舗販促を行ったところ、1日の売上が75%も増加した例もあるようなので、ポケモン発祥の地である日本でも、ポケモンGO(Pokémon GO)の人気を賢く利用し、O2O販促を成功させる店舗が続出すると嬉しいですね。※ 現在は新しいポケストップやジムの申請は受け付けていないようです。(参照)また、ポケモンGO(Pokémon GO)をきっかけに、スマートフォンの位置情報設定をONにするユーザーの増加が容易に予想できることから、既存の位置情報を利用したO2O販促アプリにもプラスの影響を与えてくれることになるかもしれません。1トレーナー(ユーザー)としても、店舗のO2O販促への活用を検討する者としても、ポケモンGO(Pokémon GO)の今後の展開から目が離せませんね!【O2O販促ラボへのお問い合わせ】来店促進効果をさらに高める店舗販促についてのご相談・資料請求受付中。 この記事を読んだ人は、以下の記事も読んでいます 莫大なユーザーにアプローチできる!Ingress(イングレス)を活用したO2O販促を成功させる3つのポイント!! 世界最高難度の位置情報ゲーム「ケータイ国盗り合戦」のO2Oイベントを体験しに山梨まで行ってきた

portrait

  • マーケティング
  • 鈴木

続きを読む

2016
07.26

ポケモンGO(Pokémon GO)の店舗集客効果は?マクドナルドだけじゃない!?米国で始まった飲食店へのO2O販促効果にも期待!

portrait

  • マーケティング
  • 鈴木

続きを読む

2016
03.09

今夜空いているお店がわかる。Yahoo!予約 飲食店アプリの「空席レーダー」を使い、飲みに行ってわかったこと

2016
02.24

ついに飲食店にPaperBeacon(ペーパービーコン)が!外国人観光客にも対応のアプリ「Putmenu(プットメニュー)」で注文してきた

2016
01.13

O2O販促への活用に期待!UI/UXが徹底的に磨き込まれたイベントキュレーションアプリ「watav(ワタビ)」で西武渋谷店に行ってきた

2016
01.04

Google(グーグル)が来店コンバージョン測定ツールを新提供!オムニチャネルに総力を上げるセブン&アイ・ホールディングスで広告閲覧者の来店可視化に成功!!

portrait

  • マーケティング
  • 鈴木

続きを読む

2015
12.14

あの、トリップアドバイザーアプリに画期的な新機能!立ち寄った場所を自動記録する「トラベルタイムライン」がO2Oにもたらす影響とは!?

portrait

  • マーケティング
  • 鈴木

続きを読む

2015
12.09

リクルートのO2Oアプリ「ショプリエ」を使って、PARCOでチェックインラリーをしてきた

2015
08.14

人流を制するものはO2Oを制す!? ~Location Buisiness Japan2015レポート~日本独自の技術で位置情報をもっと正確に

2015
08.03

O2O販促の精度をより高度に!ビーコン機能を持ち合わせたスマートLED電球が登場!

portrait

  • マーケティング
  • 鈴木

続きを読む