O2O販促ラボ

O2O販促ラボは、主に店舗経営者様向けに販促や集客の最新事例、
O2Oやスマホ関連サービスに関するニュースなどを配信しています。
集客のための販促に力を入れる店舗経営者様を全力でサポートします。

カテゴリー:o2o業界トレンド

2018
11.30

アカウント開設だけでもOK!年末に向けて今すぐ始めたいO2O集客施策

アカウント開設だけでもOK!年末に向けて今すぐ始めたいO2O集客施策こんにちは。O2O販促ラボ・鈴木です。間もなく年末商戦がやってきますね。忙しい年末でもすぐに取り入れられるO2O集客施策についてお伝えいたします。例年以上の集客・売上アップに期待できるかも!?2018年12月の消費予測をチェック!博報堂生活総合研究所は2018年11月26日に、2018年12月の消費意欲指数※を公表しました。引用:博報堂生活総合研究所「来月の消費予報」調査※消費意欲指数:ユーザーに消費に対する欲求を100点満点で質問し、ユーザーの消費に対する意欲を数値として表したもの。調査によると、2018年12月は季節消費への意欲が高く、高水準の消費意欲指数が予想されているそう。特に飲食や理美容などのカテゴリは、昨年12月時点よりも消費意欲が高く、今年の年末商戦は力の入れ時となりそうです。今すぐ始められる!従量課金で無駄なく集客できるO2Oサービスとは?しかし、年末商戦に向けて集客・売上を最大化するべく、集客に取り組みたいけれど、忙しくてなかなか手が回らないという店舗も多いのが実態ではないでしょうか。そんな時にオススメなのが導入の手間もほとんどかからず、店舗オペレーションの追加もほぼ不要で、すぐに始められる集客サービスです。「GMOチェックイン」は、初期費用などの手数料も無料で大手アプリに店舗情報(広告)を掲載し、店舗集客が可能。申し込みからサービス開始までの時間もかからないので、今から始めて年内集客もできる優れものです。実際に集客できた時のみ費用が発生する来店に連動した従量課金型の集客サービスで、顧客が広告を見て店舗に来店した時のみ広告費が発生するので、集客コストを無駄にすることもありません。GMOチェックインが連携するヤマダ電機アプリにも店舗情報が掲載されるので、年末に電化製品の買い替えを検討する消費欲の高いユーザーにアプローチできるチャンスも。▼ヤマダ電機アプリでも店舗をアピールできます▼忙しい時期でも無理なく集客できるGMOチェックインについて問い合わせる https://forms.gmoc.jp/o2o-marketinglab-offer/来年の集客にも効くリピート販促の準備は今始めるのが吉◎アカウント開設しよう!リピート率アップを目指すなら、客数が増加する12月から常連客づくりを始めるのが理想的。とはいっても、宴会などの対応で忙しくて集客に手が回らないのが実態ですよね。そこでオススメしたいのが、常連客づくりの第一歩となる、顧客情報取得ができる状態を作っておくこと。例えば、LINEアプリ上でユーザーに店舗情報やお得情報を配信して、店舗集客できるLINE@のアカウント開設をしておくのもオススメ。年末に来店数が増えるタイミングで顧客の友だち追加(会員登録)を促進でき、顧客の囲い込みがスムーズに。忙しさが落ち着く1月おわりから2月にかけて、会員登録した顧客に向けて販促することもできます。アカウント開設や運用を代行するサポートサービスもあるので、忙しい時期でも負担なく利用開始できるのもポイントです。▼LINE@のアカウント開設から運用までのサポートを受けられる「LINE@サポート」について問い合わせる https://forms.gmoc.jp/o2o-marketinglab-offer/今なら、店舗販促のIT化による生産性アップをするために、経済産業省の「IT導入補助金※」を活用できるサービスもあります。来店客が増えるこの時期だからこそ、O2O集客施策の導入を検討してみても良いかもしれません。※IT導入補助金は2018年12月18日までの申請となりますので、お早めにお問い合わせください。▼IT導入補助金を使ったおトクなO2O販促サービス利用方法について問い合わせる https://forms.gmoc.jp/o2o-marketinglab-offer/ この記事を読んだ人は、以下の記事も読んでいます 人手不足で集客まで手が回らない…その悩み、IoT化・システム化で解決できるかも! トモズやベローチェも導入!ヤマダポイントでヤマダ電機会員をお店に呼び込むには?

portrait

  • マーケティング
  • 鈴木

続きを読む