O2O販促ラボ

O2O販促ラボは、主に店舗経営者様向けに販促や集客の最新事例、
O2Oやスマホ関連サービスに関するニュースなどを配信しています。
集客のための販促に力を入れる店舗経営者様を全力でサポートします。

2020
04.23

今なら導入補助も◎LINE公式アカウントの売上効果を上げる支援サービス

こんにちは。O2O販促ラボ・大和田です。 来店客数が減少する中で各店舗が行っている売上利益確保に繋がる対策や、遠隔でもお客様との関係強化ができるLINE公式アカウントの販促方法と2ヶ月分が実質無料になる導入補助が受けられるオトクなキャンペーンをご紹介します。 客数減少!売上利益確保のためにお店が行っていることとは? データ引用:https://prtimes.jp/main/html/rd/p/000000411.000001049.html シンクロ・フードの調査によると、新型コロナウイルスの影響下で売上利益を確保するために店舗が行っていることの中でも上位は以下の3点でした。1位:従業員のシフト調整2位:食品ロスを抑える工夫3位:ホームページ・SNSでの情報発信の強化 1位と2位は直近の利益確保のためにやむを得ず行っている策ですが、3位は未来の売上利益確保につなげるお客様との関係強化施策なので、本格営業再開を加速させるための種まきとも言えます。また、テイクアウトやデリバリーの強化や参入を行う店舗も増えているため、新しいサービスの告知やクーポン配信などにもSNSは活用されているようです。特に、クーポン配信などでユーザーを囲い込みリピート販促に最適なLINE公式アカウントが人気です。 遠隔でもお客様との関係強化ができるLINE公式アカウント販促を見直そう LINE公式アカウントを運用している店舗のよくあるお悩みは、「LINEメッセージが開封されなくなってきた」「クーポンが思うように使われない」「配信頻度を減らさずに効果ある配信を続けたい」「メッセージ配信に手間がかかる」など、日々の運用や効果に関するものが多数ではないでしょうか? 引用:https://products.sint.co.jp/siws/blog/line-account.html こちらの調査によると、74%以上のLINEユーザーが自分に合わない情報が送られてきたという理由でブロックしたと答えており、一斉配信を繰り返したりやみくもにメッセージ配信をする危険性が明らかになっています。 お客様との関係強化にLINE公式アカウントを活用するために重要なポイントは以下の2点です。このポイントをおさえてLINEでのコミュニケーションを強化していきたいですね。 【LINE公式アカウント活用のポイント】 1:お客様一人ひとりにあわせた魅力的なメッセージを配信する (一斉配信を繰り返すのはNG!)   2:必ず毎月の運用の効果検証を行い、改善していく (効果の低いアプローチを繰り返すのはNG!) 今なら2ヶ月分が実質0円の補助あり!LINEの売上効果を上げる運用サポートを賢く使おう LINE公式アカウントでお客様との関係を強化して売上効果をあげるには便利なITツールを活用するスキルや運用ノウハウが必要です。自社運用の限界を感じたら、運用実績が豊富な代理店のサポートに相談してみると良いかもしれません。 お店や企業アカウントの運用サポートをする正規代理店は複数ありますが、その中でも保有アカウント実績数14,000件以上と最も多く、サポート導入の継続率も5年連続80%以上と豊富な運用ノウハウをもち、顧客満足度の高いゴールドパートナーが「GMOコマース」。 引用:https://www.gmo-c.jp/service/line.html GMOコマースが提供する「まるっとサポート!O2O LINE公式アカウント」は、リッチメッセージのデザイン制作も含めた配信代行や運用のサポートに加えてお客様のニーズや状態に合わせてメッセージを自動で送り分ける便利なツールも提供しています。毎月の運用を振り返るレポートに基づいた改善まで含めたLINEアカウントの売上効果を上げる運用をまるっと任せられるのが魅力! ※「まるっとサポート!O2O LINE公式アカウント」のサービスについて詳しくはこちらhttps://www.gmo-c.jp/service/line.html 今なら実店舗に限り2020年5月1日~2020年6月末までの期間の利用料金が実質0円になる補助が受けられるキャンペーン実施中なので、今すぐ相談してみると良いかもしれません。 \LINE公式アカウント販促のサポート・限定キャンペーンについて詳しく聞きたい方はこちら/  https://forms.gmoc.jp/o2o-marketinglab-offer/

portrait

  • マーケティング
  • 大和田

続きを読む